본문 내용 바로가기

Eat&Drink

  • home
  • Eat&Drink
  • Food Stories
Food Stories
  • facebook
  • twitter
  • google

新鮮な海産物を求めて

仁川へレッツゴー!
仁川と言えば海産物が欠かせない。
新鮮な刺身だけでなく秋の味覚の宝庫、タイショウエビやワタリガニ、ホヤと貝など様々な海産物を低価格で味わえるため、仁川はいつも大勢の人々で賑わっている。

それでは仁川の新鮮な海産物が味わえるBEST 3!ホットスポット!
蘇莱浦口、月尾島、沿岸波止場に行ってみよう。

蘇莱浦口 1883年の開港とともに海路を通じて近代文物を取り入れた仁川で40年の歴史を誇る市場。魚市場は戦争によって形成されたという。韓国戦争後、北朝鮮に戻れなくなった人々がエビを捕って売っていた塩辛が魚市場の始まりだ。蘇莱浦口にある線路は昔のまま残っているが、その道は現在海を渡る橋になっている。この橋を渡ると魚市場が広がっている。
この魚市場はエビ、塩辛、ワタリガニなどで有名だ。新鮮な海産物と商人たちのあふれる人情、そして漁船の周りを飛び回りながら青い空に絵を描いているカモメの鳴き声には深い余韻が残る。特にタイショウエビやワタリガニの旬の季節にはお祭りが開かれるほど、その新鮮さと味は絶品だ。潮の香りと新鮮な海産物が味わいたい時は蘇莱浦口へ行ってみよう。
月尾島 月尾島と言えば遊園地、各種文化芸術公演、フェスティバルなど若者の空間がまず思い浮かぶが、月尾島にも海産物がおいしいグルメスポットがたくさんある。月尾島のグルメスポットは、あふれるような量と種類の多いおかずが特徴。コノシロの刺身と活魚の刺身と言えば「月尾島文化通り」を異口同声で叫ぶほど、骨ごと切って野菜と和えた刺身の和え物や炭火で焼いたコノシロ焼き、刺身の盛り合わせ、各種海産物などでテーブルが埋め尽くされることで有名だ。
月尾島は人気がありすぎて、ちょっと静かな雰囲気を味わいたければ、北城浦口に行ってみよう。 1970年代~1980年代の裏通りの趣を楽しみながら低価格で刺身も味わえることで人気の場所だ。狭い路地に沿って10軒余りの小さな刺身屋が並んでいる。おかずの種類は多くはないが、新鮮な旬の刺身とラーメンを入れた魚の辛味スープは絶品だ。

沿岸埠頭 沿岸埠頭には旅客ターミナルだけでなく海洋広場、総合魚市場、刺身屋通り、海水風呂通り、遊覧船の船着場、南港埠頭などが集まっていて、市民だけでなく周辺からたくさんの人々が訪れる週末のお出かけコースだ。仁川総合魚市場には500店舗余りの店が立ち並び、新鮮な魚と塩辛類を買い求める人々でにぎわう。そして刺身屋通りには仁川水産協同組合会デパート、沿岸会プラザなどの大規模な刺身タウンがあって、豊富なメニューと味が楽しめる。
沿岸埠頭はワタリガニで有名だ。その中でも春にはメスのカニ、秋にはオスのカニが最高。特に仁川沖合で捕れる「延坪ワタリガ二」は、卵と身がぎっしり詰まっていることで有名だ。
広々とした青い海が満喫できる仁川、そして新鮮な海産物が味わえる所。
新鮮な海産物が味わいたいなら、仁川にぜひ行ってみよう。