본문 내용 바로가기

Explore

  • home
  • Explore
  • Incheon Stories
Incheon Stories
  • facebook
  • twitter
  • google

ウォーターパークもうらやましくない

仁川市の無料水遊び場スポット
夏といえば何と言っても水遊びが最高! 子どもと一緒に楽しめる仁川市の無料水遊び場を3ヵ所紹介しよう。
1. 延寿文化公園
公園の遊び場が水遊び場に変身!木々が生い茂って木陰になっているのでテントなどを張る必要もない。敷物だけあればOK!水遊び場の周りに東屋と縁台があるので、着替えとタオルさえ用意すれば十分かも。のんびりと休みたいなら、キャンプ用テントやタープテントの設置も可能。
水遊び場の近くで虫取り網を持って鷹のような目で監視している監視員を発見!よく見たら虫取り網は落ち葉や浮遊物を取り除くためのものだった。監視員は子どもたちが危ない行動をしたら大声で注意してくれた。頼もしい限りだ。
毎日水道の水を入れ替えているためか、水はきれいだ。毎週月曜日には水遊び場を消毒し、水質検査もしょっちゅう行っているという。これならうちの子たちを任せても安心!
野外といえば出前!水遊びの後、お腹がすいたらピザやジャージャー麺などを近くの商店街から出前をとって食べることもできる。
駐車場はなく、公園の入口近くにバス停があるのでバスを利用すると便利。
開場時間: 午前10時~午後5時
(毎週月曜日は休園) 13歳以下専用水遊び場
公共交通機関: 地下鉄(仁川都市鉄道1号線・延寿駅または源仁斎駅)
バス(ヨンナムアパート停留所下車 - 523番、780番)
2. プスジ公園
町内の穴場のウォーターパーク、プスジ公園。他の水遊び場に比べて人が少なくて遊びやすい。
水遊び場の片端にはテント族が集まっていた。
炊事はNO!でも簡単な飲み物とおやつはOK!
楽しく水遊びしている最中に子どもがトイレに行きたくなった?そんな時は近くの公園のトイレに走っていこう。
公園のトイレもきれいなので安心して使える。
水遊び場の周りで黄色い服を着てウロウロしている2人の監視員を発見!監視員がいるとやっぱり安心する。
水遊び場にも常備薬が用意されているので、救急時には利用できる。
広くはないけれど東春3洞住民センターの駐車場が利用でき、近くにバス停と地下鉄の駅があるので交通アクセスも便利。
開場時間: 午前10時~午後4時
(毎週月曜日は休園) 13歳以下専用水遊び場
公共交通機関: 地下鉄(仁川都市鉄道1号線・東春駅)
バス(延寿区庁下車 - 4、6-1、16、27、34、46、63、112番バス)
3. 沿岸埠頭海洋広場
沿岸埠頭海洋広場の水遊び場では、潮風にあたりながら水遊びが楽しめる。オーク樽から水があふれ落ちるたびに子どもたちの楽しいそうな叫び声が水遊び場に響く。 他の水遊び場に比べて遊び場の規模が大きく、運営時間が長いので思う存分遊べる。(午後7時まで運営) タープテントや組立式の更衣室もあり、テントも張れる。
沿岸波止場の景色はボーナス!周辺のサービス施設も利用できる。水遊び場の周りを忙しそうに行き来している監視員が目についた。
子ども達の水遊びは何といっても安全第一!水遊び場の周りに4D立体映像館とサンクトペテルブルク広場があり、夜には色とりどりの噴水ショーなど見どころも盛りだくさん。
広々とした沿岸波止場の駐車場も利用できるので、バスを利用するのも便利。
開場時間: 午前10時から午後7時
(毎週月曜日と雨天時は休園)
公共交通機関: バス(沿岸旅客ターミナル入口下車 - 24、27、36番バス)